北海道の食材の「レア」な魅力を全国に発信

食べレアとは?
ようこそ
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
現在 {@ member.active_points @}ポイント

世界に認められた「十勝ワイン」 十勝ワイン「ブルーム山幸・ブルーム・白」750ml×2本

¥ 8,303 税込
【セット内容】
●ブルーム・山幸:750ml × 1本
●ブルーム・白:750ml ×1本
  • 送料込み
  • 常温
75 ポイント進呈
酒類をご購入の方へ
20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方にはお酒を販売いたしません。
発送目安
注文確定してから3~4日後
十勝ワイン「ブルーム山幸・ブルーム・白」750ml×2本
十勝ワイン「ブルーム山幸・ブルーム・白」750ml×2本
食べレア レビューキャンペーン

※こちらの商品はお酒です。20歳未満の方はご注文頂けません。お酒は20歳になってから。

商品説明

商品説明写真

ブルーム山幸は、鮮やかなルビー色を呈し、スパイシーな山幸種由来の果実味が感じられ、酸味と渋みのバランスが良く個性ある味わいが特長の商品です。
ブルーム・シャルドネは、シャルドネ種由来の輝くシャンパンゴールドの色調と華やかなアロマ、しっかりとした味わいが最後まで続きます。


商品説明写真

スパークリングワインの製造方法には、通常のワインに二酸化炭素を吹き込むもの、糖分と酵母を加えて2次発酵させて炭酸ガスを発生させるものがあります。十勝ワインではタンクの中ではなく、ビン詰めしてから2次発酵させる「ビン内2次発酵方式」を採用しています。


商品説明写真

ビン内2次発酵は約18カ月行います。これにより、炭酸ガスがゆっくりとワインに溶け込み、きめ細やかな泡を生み出します。また、糖分を消費し終わった酵母のタンパク質が分解されてアミノ酸となり、ワインの酸味と混ざり合うことで独特の香味(シャンパンフレーバー)が醸し出されるのです。


商品説明写真

スパークリングワイン造りは時間と手間がかかります。それでもこの製法でワインを作り続けているのは「自らの技術を磨く商品」だから。ビン内2次発酵方式による製造では、発酵、原種のブレンド、熟成などあらゆるワイン醸造技術が必要となります。スパークリングワインは十勝ワインが技術の高みを目ざし続けていることの証なのです。


お届けについて


750ml×2本を専用の箱に入れてお届けいたします。


レアポイント

歴史

ブドウ作りの挑戦に始まりワイン製造の情熱によって生まれた十勝ワイン。

商品写真

自然災害の苦境から脱却するために

1950年代後半、北海道十勝地方は「十勝沖地震」や冷害などによる凶作の被害を受けてました。池田町はこの苦境をどう脱却するか。当時の丸谷町長は、新しい産業としてブドウ栽培を構想。極寒の池田町でゼロからのぶどう栽培という壮大な挑戦が始まりました。


商品写真

十勝ワインの原点となる山ブドウ「アムレンシス」の発見。

しかし、冬期間は-20℃を下回る日が続く厳しい気候条件の十勝地方ではブドウ木は上手く育たず、次第に協力者からも疑念の声が上がりました。その時、丸谷町長は「野山に山ブドウがたわわに実っているのだから、品種改良や栽培技術を向上させれば、ブドウ栽培も可能になるはず」と野山で採取した山ブドウをなんとソビエト連邦(当時)の研究所にまで持参。 その結果、日本には自生していないと思われていた、ワイン醸造に最適な品種「アムレンシス」の一種であることがわかったのです。


商品写真 商品写真

清見の丘に「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」を設立。
そして十勝ワインの販売を開始。

1963年にはアムレンシス100%で作られたワインが翌年の国際コンクールで評価されたのをきっかけに池田町のブドウ栽培は「ワイン用」へと方向を定め、山ブドウでのワイン造りのほか、ヨーロッパ品種の導入、池田町独自品種の開発を行う「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」が開設されました。そして池田町のワインを「十勝ワイン」のブランドで販売を開始しました。(写真はワインの保管庫として残る当初の研究所。地下にはオールドビンテージの十勝ワインが研究用として保管されている)


商品写真

挑戦と情熱で世界に認められた十勝ワイン。

十勝ワインは池田町の挑戦と情熱により、目指していた池田町に「新しい産業を作り出す」ことに成功しました。 そして十勝池田町の風土が育んだブドウ品種「山幸」は2020年11月、国際ブドウ・ワイン機構「OIV」に品種登録され、今後「Yamasachi」とラベルされたワインがEUへ輸出されることが期待されています。北海道を代表するワインから日本を代表するワインとなった「十勝ワイン」。池田町の挑戦はこれからも続きます。



清見の丘にある古城が十勝ワインの製造所
産地写真

ワインを増産するために1974年に作られた施設は、ヨーロッパの古城のような外観から「ワイン城」と呼ばれ、ワイン造りの拠点だけではなく、町の観光施設としての役割を担っています。施設の周辺にはブドウ畑が広がり毎年10月には「ワイン祭り」が開かれ、全国のワイン好きが訪れます。

池田ブドウ・ブドウ酒研究所
・店舗住所:北海道中川郡池田町清見83番地4
・営業時間:9:00~17:00

市町村マップ

詳細/原材料等

※こちらの商品はお酒です。20歳未満の方はご注文頂けません。お酒は20歳になってから。

原材料名ブドウ(山幸種、北海道後志地方産「ケルナー種」、北海道十勝池田町産「清見種」他) アルコール度数12.0度
保存方法常温 賞味期限
内容量750ml ×2本 販売元製造元:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 販売元:国分北海道

お客様の声

こちらもよく見られてます

あなたにおすすめ

おすすめの特集

あなたが最近チェックした商品

カテゴリーから探す

  • 野菜・果物
  • 肉類
  • 海産物
  • 乳製品
  • 米・麺
    穀類
  • パン
    スイーツ
  • 加工食品
  • 調味料
  • 飲料
  • お酒

    ※20歳未満の方はご注文頂けません。